ホーム>知ってる?日本のカメラメーカー7社の社名の由来
0120-147-352
コンテンツ

知ってる?日本のカメラメーカー7社の社名の由来

知ってる?日本のカメラメーカー7社の社名の由来

 
知ってる?日本のカメラメーカー7社の社名の由来

日本のカメラメーカー7社の社名には、どのような由来があるのでしょうか。

富士フイルム

日本のシンボルともいえる富士山を由来とする富士フイルムという社名には、初代の社長淺野修一氏の想いが込められています。フィルムを自国である日本で生産していくという強い気持ちを込めて、東海道から目にすることのできる富士山を社名に取り入れました。

ソニー

音という単語の「SONIC」とその語源となる「SONUS」、小さい・坊やという意味を持つSONNYを由来としています。人種に関係なく、世界中の人々がスムーズに呼べるような名前を目指してつけられました。また、Nがひとつ少ないのはSONNYでは「損」をイメージさせてしまうためだとされています。

ペンタックス

ペンタックスは、元々は「旭光学工業株式会社」という社名でカメラの製造をはじめました。一眼レフカメラにペンタプリズムを搭載した「アサヒペンタックス」を発売したことに由来する説と、ヘブライ語のペンテコステ(キリスト教の聖霊降臨日)から由来する説などがあります。

ニコン

ニコンという社名は、当時の日本光学工業株式会社を略称したNIKKOを土台として誕生しました。NIKKOをベースとしたまま、最後にNをつけることで男性的な雰囲気をプラスしたといわれています。日本語では「ニコン」という発音が一般的ですが、アメリカでは「ナイコン」という発声がポピュラーです。

オリンパス

オリンパスは神様たちが住む山、オリンパスにちなんで名付けられました。日本はもちろん世界中で愛される製品作りをしていこうという意気込みが詰まっています。

リコー

この社名は、旧社名の理研光学工業株式会社の略称に由来しています。理という文字と光という文字をとってリコーとなりました。

パナソニック

パナソニックは汎くという意味と音という意味を持った造語をもとに誕生しました。この単語には、自らが生み出す音楽が世界中に響き渡ってほしい、という想いが込められています。

東京板橋区にある当店では、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラ、フィルムカメラの高価買い取り業務を行っております。
キヤノンやニコン、ペンタックスやソニー、オリンパス、シグマなど幅広いメーカーを揃えているカメラやレンズの買い取り専門店です。場合によってはジャンクカメラや故障品の買い取りも行いますので、ご不明点があればお電話下さい。店頭買い取りはもちろん全国通信買い取りや出張買い取りなど、買い取り方法も豊富です。

東京・板橋でカメラの高価買い取りなら出張も行うスリースター商会へ

東京・板橋でカメラの高価買い取りなら【株式会社 スリースター商会】 概要

会社名 株式会社 スリースター商会
所在地 〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-1-18 粕谷電器ビル3階
電話番号 03-5920-4087
FAX 03-5920-3087
URL http://www.honki-kaitori.com/
業務内容 カメラ買取、レンズ買取
説明 カメラの買取ならスリースター商会へ。デジタル一眼レフ・ミラーレスやフィルムカメラ、カメラレンズなど高価買取致します。キャノン・ニコン・ペンタックス・オリンパス・ライカ・ ハッセルブラッドなど各メーカーのカメラやレンズをお持ちならスリースター商会へ買取をお任せ下さい。
 
0120-147-352
pagetop