ホーム>知っておこう!カメラの保管方法!
0120-147-352
コンテンツ

知っておこう!カメラの保管方法!

知っておこう!カメラの保管方法!

 

デジタルカメラやフィルムカメラなどは、保管方法によって状態が大きく左右されます。ポイントを押さえてきちんと保管することで、カメラは長持ちします。

保管環境に配慮を

保管環境に配慮を

カメラの保管に適した環境は、一般的に湿度40~50%程度だといわれています。湿度は高すぎても低すぎてもカメラの劣化を早める恐れがあります。湿度60%以上ではカビ発生の可能性が高まり、湿度30%以下では樹脂部分の劣化などが考えられます。

特に日本は四季がはっきりしているため、冬場は湿度をあまり心配せずに済みますが、高温多湿の梅雨や夏場は保管に気を抜くとすぐにカビが発生してしまいます。季節に合わせた保管方法を考えておくと安心です。

保管容器は?

保管容器は、カメラを「ほこり」と「湿気」から守ることのできるものを選ぶことが大切です。

ドライボックス(防湿庫)

ドライボックス(防湿庫)

しっかりと保管したい時には、ドライボックス(除湿庫)が役立ちます。カメラや光学製品の保管に特化した保管容器で、常に安定した湿度が保てます。

鍵がかけられるタイプ、電子制御で湿度コントロールができるタイプ、予備コンセントがあるタイプなど種類も豊富にあるため、カメラ製品の収集を行っている方やカメラ製品をまとめて保管したい方にもおすすめです。

簡易ドライボックス

手軽に保管したい時には、簡易ドライボックスが役立ちます。プラスチック製の密閉容器内に乾燥剤を入れて収納するため、初心者でも扱いやすいのが特徴です。高さ、幅、奥行きなど様々なサイズがあるため、保存アイテムの大きさ、数量に合わせて選べます。

注意点

カメラの保管の際に知っておきたい注意点を幾つかご紹介します。

バッテリーについて

カメラは、電源を切った状態でも微小電流が流れています。バッテリーをカメラの中に長時間入れたままにすると過放電状態になり、充電しても使えなくなる恐れがあります。過放電を防ぐためにバッテリーは外して保管しましょう。

レンズは外す?そのまま?

ボディキャップ、レンズリアキャップがある製品に関しては、カメラ本体からレンズを外して収納します。キャップがない場合、レンズを外してしまうとレンズやカメラ本体にほこりやごみが入る恐れがあるため、外さずに保管することをおすすめします。

カメラの保管方法は、買取依頼の際にも役立ちます。デジタルカメラ、フィルムカメラの買取店をお探しなら、当店をご利用下さい。キャノンニコンライカハッセルブラッドなど、国内外の各種メーカーのデジタルカメラ・フィルムカメラ買取を受付けています。故障品の買取も可能ですので、「これも売れるの?」と思われる製品もお気軽にご相談下さい。

ニコンやハッセルブラッド、ライカ、キャノンなどフィルムカメラの買取ならスリースター商会

ニコンやハッセルブラッドなどフィルムカメラ買取なら【株式会社 スリースター商会】 概要

会社名 株式会社 スリースター商会
所在地 〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-1-18 粕谷電器ビル3階
電話番号 03-5920-4087
FAX 03-5920-3087
URL http://www.honki-kaitori.com/
業務内容 カメラ買取、レンズ買取
説明 カメラの買取ならスリースター商会へ。デジタル一眼レフ・ミラーレスやフィルムカメラ、カメラレンズなど高価買取致します。キャノン・ニコン・ペンタックス・オリンパス・ライカ・ ハッセルブラッドなど各メーカーのカメラやレンズをお持ちならスリースター商会へ買取をお任せ下さい。
 
0120-147-352
pagetop